オーストラリア滞在中の訪問ビザまたは、卒業ビザ保持者は学生ビザへの申請不可へ

オーストラリア政府は、2024年7月1日から訪問ビザと卒業ビザ保持者がオーストラリア滞在中に学生ビ ザを申請できなくなるという重要な決定を発表しました。この大幅な政策の変更は、ビザの不正使用を 防ぎ、移民制度の信頼性を強化することを目的としています。今年の初めに導入された一連のビザや 移民規制措置に続くものです。

26/06/2024
  |  
移民とビザ

オーストラリア政府がこの規制措置を決めたのは、訪問ビザから学生ビザへのルートを通じた申請が急
増したためです。2023年7月1日から2024年5月末までに36,000件以上の申請が提出されました。政府は
、現行の制度が悪用されており、一部の人々がオーストラリア国外から、学生ビザ申請のための厳しい
要件を回避していると考えています。この慣習は、学業をする意志を持たない非正規の学生が、学生ビ
ザを取得することを可能としてしまいます。

 

新しいビザ規制、訪問ビザ保持者は国外からのビザ申請が義務付け

新しい規制の下では、訪問ビザ保持者は、学生ビザを申請するにあたってオーストラリアを離れ、自国、
またその他の適格な国から申請する必要があります。オーストラリア国外からの申請手続きは国内から
行うよりも厳密であり、将来の学生に対する審査がより一層厳しくなります。

 

evisitor and student visa australia

政策の変更は卒業ビザ保持者にも影響する

一方で、卒業ビザ保持者も、学業終了後に同様の状況に直面します。ビザの有効期間内にスポンサー
を見つけることができない場合や技能移民制度を利用することができない場合は、オーストラリアを離
れなければなりません。学業をさらに続けたい人々は今後、国外から学生ビザを申請する必要があり、
慎重な計画と、学業へと戻るための十分な理由が求められます。

 

留学生と教育機関への重大な影響

この重大な発表は、短期間から長期間の学業追求へと切り替えを考えている多くの留学生へ影響を与
えることが考えられます。この決定は、学生ビザ制度の信頼性と効率性を高めることを目的にされてい
ますが、同時に、学生、留学エージェント、そして教育機関へ大きな課題をもたらすことが示唆されます

Australia Studyでは、留学生のすべての方のビザの現状をしっかりと把握し、あらゆる学習プランや将
来への計画について、事実と法に沿って最善のプロセスをご案内いたします。私たちのチームがあなた
の学業目標達成のお手伝いをいたします。まずは無料相談予約からお気軽にお問い合わせください。

Du hast kein Produkt im Warenkorb!